メイヴ

第1部5章 イ・プルーリバス・ウナム ライダー ★5/ セイバー ★4

FGO(Fate Grand/Order)のサーヴァント「メイヴ」の元ネタに関する書籍や映画などを紹介しています。間違いがありましたらご指摘いただけると嬉しいです。また、書籍の感想やお勧めの書籍や映画があれば、ぜひお知らせください。

メイヴはこんな人物

ケルト神話のアルスターサイクルに登場するアイルランド西部のコノート(コナハト)の女王。夫との財宝比べに勝とうと雄牛を手に入れるため、7年もの戦争を仕掛けたり、多くの英雄を愛人にするなど、自由奔放な女王。水浴び中に、固くなったチーズを頭に投げつけられて死んだ逸話あり。アイルランド紙幣にもなりました。

後世では妖精の女王「マブ」として語り継がれ、シェイクスピアも「ロミオとジュリエット」で夜中に馬のたてがみを編みこむ者、とうたっています。また「夏の夜の夢」に登場する妖精の女王ティターニアと同一視されることもあります。(参考:ウィキペディア

メイヴ関連書籍

いちばん詳しい「ケルト神話」がわかる事典 ダーナの神々、妖精からアーサー王伝説まで 
森瀬 繚/ SBクリエイティブ
アイルランドの神々や英雄、妖精にまつわる神話・伝説から、その流れを汲んだアーサー王伝説まで美しいイラストともに紹介。著者はラノベやゲームシナオリオを手掛けている人で、その意味では親しみやすい語り口といえるかも。


Amason 楽天kobo


ケルトの神話―女神と英雄と妖精と
井村 君江 / ちくま文庫
クー・フーリンの項目でも紹介しましたが、借りやすく入手しやすいので。ケルトの歴史から始まり、ケルト神話の中でも神話サイクル、アルスターサイクル、フィアナサイクルから主要なエピソードのあらすじを紹介しており、入門書的な1冊。


Amazon 楽天BOOKS


トーイン クアルンゲの牛捕り 
キアラン・カーソン/東京創元社
夫である王と財産比べをして負けたコナハト国女王メーヴは、夫の持つ素晴らしい雄牛に対抗しようとアルスター国の雄牛を奪うため大軍勢を招集。戦いを仕掛けられたアルスター国では、呪いのせいで男たちは戦うことができず、呪いを逃れた十七歳の若き英雄クー・フリン1人が戦いに挑む。


Amazon


トーィン―クアルンゲの牛捕りとクーフリンの物語 
コルマーン オラハリー/ アイルランドフューシャ奈良書店書
上記のクアルンゲの牛捕りをコミックにしたものの日本語訳。日本のマンガとはちょっと雰囲気が違いますね。このクアルンゲの牛捕りエピソ-ドは、メイヴの宝具の元ネタでもあります。


Amazon 楽天BOOKS


妖精学入門 
井村君江/講談社現代新書
メイヴは後世、妖精の女王「マブ」として言い伝えられ、シェークスピアの「ロミオとジュリエット」やバリーの「ピーターパン」に登場します。著者はケルト研究の書籍(上記にもあり)知られており、妖精の誕生から、後世どのように想像されてきたかを紹介します。


Amazon ブックオフオンライン楽天市場店

メイヴ 関連映画

ウルフウォーカー
Wolfwalkers 2020年 / 監督:トム・ムーア
中世から伝わる伝説を基にしたアニメーション映画。中世アイルランドの町キルケニーに、イングランドから父とオオカミ退治にやってきた少女ロビン。ある日、森に入ったロビンは、眠ると魂が抜けだしオオカミとなり、魔力で傷を癒やすヒーラーでもある「ウルフウォーカー」のメーヴと出会い、仲良くなる。2020年公開でまだDVD化されていませんが、Apple TVで見ることができます。


Apple TV+

『ウルフウォーカー』予告 10月30日(金)YEBISU GARDEN CINEMA他公開

コメント

タイトルとURLをコピーしました